六曜から時事ネタまで。街で気になる言葉を紹介します。

先負・先負け(せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ)の意味、気をつけること

2021/07/09

先負

先負・先負け(せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ)について説明します。

  • 先負けとはどういう意味?
  • 先負けの日にの過ごし方は?
  • 先負けや大安など六曜とは何か、歴史的背景など

先負・先負けについての意味や、先負・先負けの時にはどう過ごすべきかなどをまとめます。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる13の方法

先負とは?

スポンサーリンク

先負・先負け(せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ)とは、暦の数え方の一つで、六曜という歴注の一つのこと。

先負・先負け(せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ)の意味は「先んずれば即ち負ける」であり、急がずに何事にも控えめに、そして平静を保ってすごすと良い日という意味です。

先負・先負けという字面から「午前は凶、午後は吉」という意味でも解釈されます。

万事において平静であることが良いとされ勝負事や急用は避けるべきというように解釈されることもあります。

もしも商取引や株取引の日が先負だったら

先負は「午前中が凶、午後が吉」と言われていますから、もしも同日に商取引や株取引の予定があるなら午前ではなく午後にした方がいいです。

また、先負は次の日が仏滅ですから、翌日持ち越しではなく同日中の方がいいでしょう。

先負の次の日は仏滅、その次の日は大安という順番なので、先負の翌々日の大安の日に取引を変更できるなら一番です。

[PR]2000円欲しい

先負に代表される六曜とは?

六曜(ろくよう)というのは、暦の数え方、つまり歴注の一つであり、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類からなります。

それぞれの読みとしては、先勝(せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち)・友引(ともびき)・先負・先負け(せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(しゃっこう、しゃっく、じゃっく、じゃっこう、せきぐち)と読みます。

日本では暦の数え方の中でも特に有名な暦注の一つであり、一般的なカレンダーや手帳にも広く記載されています。

今日の日本においては広く信じられている傾向にあり、結婚式は大安がよい、葬式は友引を避けるなど、主に冠婚葬祭などの儀式と関係づけられて使用されていることが多いです。

まとめ

先負・先負けがどういった意味を持っているのか?

先負・先負けの日にはどうやって過ごすのが良いのか?

先負・先負けが含まれる、六曜の考え方についてや、その歴史的背景などなど。

先負・先負けについての意味や、先負・先負けの時にはどう過ごすべきかなどをまとめてみました。

以上、参考になれば幸いです。

[PR]思いがけない出費が重なり、財布がピンチ!あと5千円足りない。月末の支払い、家賃にスマホ代に電気代などでもカツカツなのに、急な食事の予定。あと5千円、どうしても足りない。5千円欲しいときは?

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

-六曜
-, , , ,