街で気になる言葉.com

六曜から新宿・渋谷の待ち合わせ場所まで。街で気になる言葉を紹介します。

食品偽装に備える主婦の知恵

 

食品偽装に備える主婦の知恵

食品偽装が問題となり、その食品偽装が頻発しているのも大きな問題と言えますね。 名の通った会社のものであれば安全、安心というイメージが強いものですが、長年において食品偽装が繰り返し行われていたということなどが、内部告発によって公になることも少なくはありません。 食品偽装によって、食の安全に対する信頼度がかなり低いものとなってしまっているというのが現状です。

スポンサーリンク

食品偽装に備える主婦の知恵

近年の食品偽装で最も悪質だったのは、利益優先のための食肉偽装が行われていたミートホープ社の食品偽装ではないでしょうか。 この食品偽装問題は、生協の牛肉コロッケに豚肉が用いられていたことをきっかけに発覚し、長期間にわたり牛肉と偽りひき肉に豚肉、鶏肉、羊肉等を混ぜて出荷していたという事もわかりました。 ミートホープ社の食品偽装では、肉の色合いをよくするために牛の血を肉に混ぜて出荷したり、腐りかけている肉を混ぜ込んだりと、悪質極まりない食肉偽装に、私たち消費者は驚かされたことと思います。 また、ミートホープ社の食品偽装においては、社長の会見が偽りだらけで、後に長男に促される形で社長自らが食品偽装を指示していた事を認めるという始末に呆れるばかりです。

食品偽装はミートホープ社だけでなく、不二家の消費期限偽装、うなぎの産地偽装、白い恋人の消費期限偽装、赤福の消費期限偽装、肉の産地の偽装などがありますが、中でも船場吉兆の食品偽装問題では、呆れるほどの社長の会見を何度テレビで目にしたことでしょうか。

食品偽装問題は、食の安全よりも組織の利益が優先されたために起きていて、これらの食品偽装が公になるのは、内部告発がほとんどであり、悪質な食品偽装が長年行われていた組織もありました。 このような食品偽装をなくすために、私たち消費者ができることはあるのでしょうか?

名の通った会社の食品であれば、食の安全は守られている。 有名な産地のものであれば安全だから高いお金を払ってでも買う。 このように考えている方は少なくないと思いますが、近年の食品偽装問題を見ていると、有名なメーカーだからといって、食の安全が守られているということではないということが、よくわかるかと思います。 老舗の高級料亭であったはずの船場吉兆では、高いお金を払っても出される料理は使いまわしだったりと、マスコミ各社でも大きく報道されていましたね。

食品の安全を守るためには、私たち消費者も気になる点はメーカーに問い合わせをするなどして、安全な食品であるかをしっかり確認して食品偽装は許さないと言う姿勢を保つことも大切なのかもしれませんね。 もちろん、全ての食品会社がこのような食品偽装を行っているわけではありませんが、このように消費者が食品偽装に対する目を光らせておくことも、食品偽装を防ぐためには必要なのではないかと私は考えています。

食品偽装に備える主婦の知恵まとめ

食品偽装についてまとめたことを紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか? 食品偽装問題が多発しており、食品の安全性が守られていないと企業への信頼感が薄れてしまっていますね。 悪質な食品偽装もあれば、消費期限偽装で大きな問題となる前に発覚した食品偽装もありましたが、どれも食品偽装であることには間違いありません。 食の安全を守るため、食品偽装がなくなる日が来るのを強く望みます。

-生活
-