街で気になる言葉.com

六曜から新宿・渋谷の待ち合わせ場所まで。街で気になる言葉を紹介します。

銀行振込手数料を比較して出費を抑えるには?

 

銀行振込手数料を比較しよう

銀行振込手数料というのは、少しでも安く抑えたいものですよね。 近頃は銀行振込をインターネットで行う方も多くいらっしゃいますが、どの銀行を利用するのがいいを知るには、銀行振込手数料比較を行うことが重要なポイントとなります。 銀行振込手数料比較について調べてみましたので、銀行振込手数料比較を参考にしていただき、賢く利用してもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

銀行振込手数料を比較して出費を抑えるには?

銀行振込手数料は、銀行の窓口やATM以外にもインターネットで銀行振込を行う際に必要となるもので、銀行振込を行う際にはこの銀行振込手数料がかかる場合がほとんどです。 銀行振込手数料比較して、少しでも銀行振込手数料を抑え、賢くお得に利用するにはどうすればよいのでしょうか? 最近はネット銀行を利用している方も多くみられるようですが、今回はネット銀行振込手数料比較について調べてみました。

【イーバンク銀行/インターネットを利用した振込手数料比較のポイント】
イーバンク銀行からイーバンク銀行口座への銀行振込手数料は無料で、毎月何度でも無料で利用することができます。 イーバンク銀行から他行あての銀行振込振込手数料は、一律160円となっています。 またイーバンク銀行では給与口座としてイーバンク口座を指定することで、毎月3回まで銀行振込手数料が無料となるようですので、これは銀行振込手数料比較の際の大きなポイントとなるのではないでしょうか?

【ジャパンネット/インターネットを利用した銀行振込手数料比較のポイント】
銀行振込手数料比較の際の参考として・・・ ジャパンネット銀行からジャパンネット銀行口座への銀行振込手数料は振り込み金額に関わらず一律52円となっています。 ジャパンネット銀行から他行あての銀行振込手数料は、3万円未満の振込手数料が168円、3万円以上の振込手数料が262円となっています。

【ソニー銀行/インターネットを利用した銀行振込手数料比較のポイント】
銀行振込手数料比較の際の参考として・・・ ソニー銀行からソニー銀行口座への銀行振込手数料は、無料となっています。 ソニー銀行から他行あての銀行振込手数料は、210円となっています。 ソニー銀行では、東京三菱UFJ銀行と三井住友銀行のATMが手数料105円で利用できるのでとても便利です。 ソニー銀行の提携先ATMでは、月4回まで無料で利用できますので、銀行振込手数料比較の際のポイントとなるのではないでしょうか?

銀行振込手数料比較して賢くお得に利用するためのポイントとなるのは、まず各銀行の振込手数料比較を行うことです。 インターネット上には、銀行振込手数料比較サイト等が多くありますので、そのようなサイトを活用し、賢く銀行振込手数料比較を行えると良いですね。

銀行振込手数料を比較して出費を抑えるには?まとめ

銀行振込手数料比較について紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?銀行振込手数料比較サイトなどの情報を参考にすると、銀行振込手数料比較が簡単に行えるので上手に活用していてみてくださいね。 なるべく抑えたい銀行振込手数料を節約できるよう、じっくり銀行振込手数料比較をししていただけたらと思います。

-生活
-, ,