街で気になる言葉.com

六曜から新宿・渋谷の待ち合わせ場所まで。街で気になる言葉を紹介します。

100円パソコンの使用感|100円パソコンって何?

 

100円パソコンって何?

100円パソコンってご存じでしょうか?100円パソコンとはその名の通り、100円で買えるパソコンのこと。ASUS(アスース)という台湾のパソコンメーカーが製造販売する、Eee PC 4G-Xというミニノートパソコンとイーモバイルの通信端末がセットになって、パソコンそのものは100円で買えるけれど、イーモバイルの通信カードをセットにしたときにのみ、買えることが特徴です。そんな100円パソコンについてレポートしてみました。

スポンサーリンク

100円パソコンの使用感|100円パソコンって何?

この100円パソコンですが、本当に100円で買えるのかどうか最初に言われただけでは信じられないですね。なぜ、100円でパソコンが買えるのでしょうか?この100円パソコンのからくりから考えますと、この仕組み自体は至って簡単。以前の携帯電話の様に、初期投資が安い代わりに一定期間イーモバイルの通信カードを使わないといけないというのがこの100円パソコンの基本的なシステムと言うことです。そんなASUSのEeePCとセットになったこの100円パソコン。そのパソコンとしての使用感として、店頭の実機を試した結果をレポートしてみました。100円パソコンが気になっているけど、買おうかどうか迷っている人の助けになれば幸いです。あくまで個人の感想ではありますが、どうぞ参考にしてみて下さい。

そんな100円パソコンについて。まずは大きさですが、サブノートパソコンという呼び方の通り、普通のA4サイズのノートパソコンのほぼ半分の大きさ。つまりA5サイズのノートパソコンという位の大きさです。そんな100円ノートパソコンながらも搭載しているOSはちゃんとWindows XP。Windows Mobileではなく、通常のWindows OSが搭載されていることは大きな特徴ですね。そんな100円パソコンの特徴は他にもあります。なんといっても他と大きく違う点は記憶媒体。通常、ノートパソコンの記憶装置はハードディスクが一般的ですが、この100円パソコンが搭載するのはなんとSSD(フラッシュメモリドライブ/Solid State Drive)であるということ。USBなどと同様に、HDの代わりにフラッシュメモリを搭載してるのです。HDとの違いはその起動時間やアクセススピード、バッテリーの消費量などです。バッテリの駆動時間はさておいといて。WindowsOSの起動時間は、というと。体感的に通常のHDDよりも10~20%ほど早いという感じです。

100円パソコンの使用感|100円パソコンって何?まとめ

いかがだったでしょうか?100円パソコンについて、店頭でのその使用感をまとめてみました。惜しいのは100円パソコンの記憶容量。SSDの容量が4Gしかないため、OS以外の記憶容量が2G無いと言うこと。通常のプログラムファイルを追加しただけでほぼ、空き容量が無くなってしまうことです。これには上位機種では容量が増えて16Gになっているのですが、この100円パソコンモデルでは4Gバージョンの物しかありません。その点だけ、残念ですね。以上、参考になれば幸いです。

-時事用語
-