気になる言葉.com

街で気になる言葉を集めた情報サイトです。

糖質ゼロビール、発泡酒の不可解な謎

   

糖質ゼロビール/発泡酒って?

糖質ゼロ発泡酒は、味がビールに近づいていていることもあってか、糖質ゼロ発泡酒の市場は拡大していると言われています。 糖質ゼロ発泡酒って・・・どんなものなのか詳しく知っていますか? 糖質ゼロだからといって、糖質が全くゼロってことではないんですよ! 糖質ゼロ発泡酒について調べてみましたので、参考程度に見ていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク


糖質ゼロビール、発泡酒の不可解な謎

糖質ゼロ発泡酒は、初めのうちはあまり美味しいと思わないという意見も多くありましたが、飲みなれてくると糖質ゼロ発泡酒もけっこう美味しいんじゃない?なんて意見も多く聞かれるようになったように思います。 私の周りでも、糖質ゼロ発泡酒の方が好きって人がけっこういますよ~。糖質とは、栄養成分からから糖質、たんぱく質、脂質、食物繊維、水分、灰分を取り除いたものを言います。 糖質ゼロ発泡酒は、醗酵度を高める製法によって栄養表示基準を糖質ゼロと表示しているものですが、実際には糖質ゼロ発泡酒と言っても、糖質が全くゼロということではなくて、栄養表示基準により糖質が100mlあたり0.5g未満の場合は、糖質ゼロの表示が認められているのだそうです。

糖質ゼロ発泡酒のアサヒスタイルフリー(アサヒビール)は、醗酵度を高める製法により、酵母の働きを活性化させて、酵母に糖分の多くを消化させることで糖質ゼロを実現させました。 糖質ゼロ発泡酒のアサヒスタイルフリーは、麦芽の風味を残しつつもサッパリとした後味が特徴となっています。糖質ゼロ発泡酒のサッポロビバライフ(サッポロビール)は、糖質ゼロの高醗酵度発泡酒で、アルコール5%を保つ糖質ゼロ発泡酒サッポロビバライフは、ホップを二段階に分けて入れることで香りの良さも抜群です。 糖質ゼロ発泡酒のサッポロビバライフは、しっかりした味とうまみが特徴となっています。

糖質ゼロ発泡酒の麒麟ZERO(キリンビール)は、糖質をゼロにすると同時にカロリーも発泡酒の中で一番低いとされる100mlあたり19kcalを実現させました。 糖質ゼロ発泡酒の麒麟ZEROは、キリッとしたのみ口とホップの香りが楽しめ、飲み応えも十分となっています。糖質ゼロ発泡酒のゼロナマ(サントリー)は、糖質ゼロを実現しながらもアルコール4%を保つことで、味やのみ応えの満足度を実現しています。 糖質ゼロ発泡酒のゼロナマは、糖質ゼロと本格的なうまさを実現した商品となっています。

残念ながらサントリーは、糖質ゼロ発泡酒ゼロナマの生産の中止を発表していますが、その一方で売上げが好調な糖質ゼロ発泡酒の麒麟ZEROは生産拠点を拡大するというニュースもあり、糖質ゼロ発泡酒市場が拡大しているといることを示しています。

糖質ゼロビール、発泡酒の不可解な謎、まとめ

糖質ゼロ発泡酒について、説明させていただきましたが、参考になりましたでしょうか? 糖質ゼロ発泡酒は、名の通り糖質が全く含まれていないもの=糖質ゼロだと思い込んでいましたが、糖質は全くゼロではありませんでしたね。 糖質ゼロ発泡酒にはそれぞれ味の特徴等もありますので、大勢集まった時などに、飲み比べてみたりするのも楽しいのではないでしょうか?

 - 生活 ,