気になる言葉.com

街で気になる言葉を集めた情報サイトです。

低炭素社会に参加する方法

   

低炭素社会って?

低炭素社会とは、二酸化炭素の排出が少ない社会のことを意味しているようですが・・・あなたは低炭素社会について詳しく知っていますか? 低炭素社会は、地球温暖化にも関わる問題なので、ぜひ皆さんにも低炭素社会について詳しく知ってもらいたいと思います。 これから紹介させていただきますので、ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク


低炭素社会に参加する方法

低炭素社会(ていたんそしゃかい)という言葉を聞いたことはありますか? 低炭素社会は二酸化炭素の排出量が少ない社会のことを意味しているのですが、地球温暖化に関わるとても重要なことでもあります。問題となっている地球温暖化の原因となっているのが、温室効果ガスのひとつとされる二酸化炭素です。

低炭素社会となるには、温室効果ガスの排出量を少なくすることがありますが、同時に経済発展を妨げずに作り上げることが必要と考えられています。 地球温暖化によって様々な気候変動が起きているため、私たちの生きる社会を低炭素社会へと移行することが必要となっているのが現実です。

地球を温暖化から守ることとして低炭素社会を実現するために、私たちに何かできることはあるのでしょうか?
エネルギーを無駄に使わないことで低炭素社会を目指したり、エネルギー効率を高めることで低炭素社会を目指したり、エネルギーを再生して低炭素社会を目指したりと、私たちにも低炭素社会を作るためにできることはあるようです。

2050日本低炭素社会のシナリオチームによる、2050年日本低炭素の実現に向けたシナリオは、2050年までに1990年比で二酸化炭素を70%削減するというものです。 低炭素社会実現のための12の方策がありますので、紹介させていただきます。

1)低炭素社会実現のため、構造を工夫して冷暖房の快適さを逃さない建物の設計等を行う
2)高効率機器をレンタルする初期費用負担を軽減するなどのサービスを行い低炭素社会を実現する
3)農業経営の低炭素化のため露地で栽培された農産物など旬で安全なものを食する生活をサポートして低炭素社会を実現する
4)家具や建具などの木材を積極的に利用したり、林業ビジネス進展させることで低炭素社会を実現する
5)低炭素型製品の開発や販売など、企業経営で地球に責任を持つことで低炭素社会を実現する
6)無駄のないように生産したり、在庫を増やさないようにすることで、産業で作られたサービスを効率的に届けることができて低炭素社会を実現することができる
7)車なしでも生活できる環境を作って、歩いたり自転車に乗るなどして低炭素社会を実現する
8)再生できるエネルギーなどを、電力系統を介して供給することで低炭素社会を実現する
9)太陽エネルギーや風力などの地域エネルギーを活用して低炭素社会を実現する
10)次世代エネルギー(バイオ燃料、水素)の研究や開発などを行い低炭素社会を実現する
11)二酸化炭素の排出量を見て把握できるようにして、消費者をサポートしながら低炭素社会を実現する
12)低炭素社会を担う人を支えたりすることを実現させ、低炭素社会を実現する

低炭素社会に参加する方法のまとめ

低炭素社会について、簡単にですが紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか? 低炭素社会へのシナリオには12の方策があるのですが、低炭素社会に向けて自分がどのようにしたらいいのだろうか・・・と学ぶことができたのではないでしょうか? 低炭素社会実現するために自分でもできることは、今すぐにでもはじめてみませんか?

 - 時事用語