気になる言葉.com

街で気になる言葉を集めた情報サイトです。

ピン札(新札)の常識、非常識

   

ピン札(新札)で気をつけること?

ピン札とは新札のことですが、このピン札には”待っていた”という意味合いがあるそうです。結婚式や結婚祝いとして現金を包む場合は、マナーとしてピン札を包みますが、ピン札の言葉の意味を考えると納得できますね。ピン札を包むことが相手に対して失礼となることもありますので、ピン札のマナーについて一緒に学びましょう。

スポンサーリンク


ピン札(新札)の常識、非常識

ピン札というのは新札のことですが、ピン札を用いるのがマナーとなることもありますし、逆にピン札だと相手に対して失礼となることもあるため、ピン札のマナーについて学んでおく必要があるようです。ピン札を使うのがマナーとなるのは、結婚式です。ピン札には”待っていた”というような意味合いがあるそうです。結婚式などのめでたいことを待っていたという事で、結婚式にお祝いとして渡す場合や、結婚式に参列しなくても現金で結婚祝いを渡すのであれば、ピン札を包むようにしましょう。

逆にピン札を使うのが相手に失礼となるのが、お悔やみやお見舞いの場合です。ピン札には上記で述べた通り、”待っていた”という意味合いがあるため、お見舞いやお悔やみの場合はピン札は絶対に使用してはいけません。これは大変失礼なこととなるため、十分に注意してくださいね。手元にピン札しかないようであれば、必ず折り目をつけてから包むようにするのがお見舞いやお悔やみの時のマナーとなります。

ピン札が必要となった時に、手元にピン札がないということは、けっこう多いものですね。ピン札を用意するには、銀行へ行きピン札に替えてもらうという方法もありますが、日中は仕事で銀行に出向く時間がないような場合は、会社の事務の方にピン札があれば替えてもらったり、銀行など外に出る仕事のある方のついでにお願いしてピン札に替えてもらうなどの方法もあります。

結婚式などに行く場合は、やはりピン札を用意するべきですので、自分で銀行に行くのが無理であれば、家族にお願いしたり、結婚式に一緒に参列する友人などに頼んでみるのも良いのではないでしょうか?日頃からピン札が手に入った時は、急なときに備えてピン札をキープしているという人もけっこういるようなので、私もこれから実践してみようと思います。

ピン札がどうしても手に入らず、どうにもならない場合の最終手段として、お札を濡らしてあて布をしてアイロンをかけるという方法もありますが、なるべくなら避けたいものですね。どうしても間に合わないと言う時の、参考程度にとどめていただきたいと思います。

ピン札のマナーには、必ず守らなければならないものもありますので、相手に失礼のないように、自分も恥をかくことのないようにしたいものですね。ピン札がなくて困ったという話はけっこう聞きますので、いざという時に慌てることのないように、ピン札を見つけたら保管しておくようにすると良いですね。

ピン札(新札)の常識、非常識まとめ

ピン札のマナーを学ぶために、結婚式の場合、お見舞いの場合、お悔やみの場合のピン札マナーについて、簡単にですが紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?ピン札の使い方を間違うと、相手にとても失礼なこととなることもあるため、十分に注意が必要です。ピン札の持つ”待っていた”という意味合いを念頭に入れ、いざと言う時に相手に対して失礼になる事のないようにしたいものですね。

 - 生活 , ,