気になる言葉.com

街で気になる言葉を集めた情報サイトです。

お米の値段が上がるのはなぜ?

   

rice

お米の値段が上がっていると感じることがありませんでしょうか?たとえばスーパーなどに行くとお米の値段が以前より高い印象を持つ、値段に敏感な主婦の方を中心にそう感じることも多いと思います。お米の値段が上がるのはどういう理由からでしょうか?お米の値段の変動の理由と安く買うタイミングについてまとめてみました。

スポンサーリンク


お米の値段が上がった?

お米の値段についてですが、一昔前までは一般的なスーパーの店頭に並ぶお米の値段と言えば5キロの物でおおよそ2千円前後というのが普通だったでしょう。もちろん「あきたこまち」や「こしひかり」などのブランド米ですと3500円程度になるのが普通ですから、ここでいうお米の値段というのは一般的なブレンド米のものを例に取っています。

ところが最近、このお米の値段が上がっているところをよく見かけます。具体的に言えば今まで2千円前後だった同じお米が2500円前後に値段が上がっていたり。その一方で、1500円程度で安く売られているお米があることを値段に鋭い方ならお気づきかと思います。およそ千円前後違ってくるのですから、この値段の違いは大きいですよね。なぜ、ここまでお米の値段に開きがあるのでしょうか?

安いお米の値段はなぜ安い?

そんな値段の安いお米について、値段の面だけ見ると興味が引かれますが、あまりの値段の違いに品質を疑う方も多くいられると思います。ましてや最近では食の安全が叫ばれる中、お米まで危険とは思いたくないですが、やはり安かろう悪かろうのイメージがつきまといますね。

そんな安いお米についてですが、お米に詳しい方ならご存じかも知れませんが、これは政府備蓄米、つまり古米につけられた値段であることが多いです。政府備蓄米、つまり古米かどうかを見分けるには簡単、備蓄米を示すマークがあるかどうかです。

お米の値段が安いのは備蓄米だから

備蓄米と言えば政府が米価格の安定のために、農家から購入するお米のことですが、そのあまりの値段の違いに品質に不安を感じることもありますね。実際、このお米の品質には違いがあるのでしょうか?結果から言ってしまうと、実はそれほど大きな違いはありません。

実際に食べ比べて頂ければ分かると思いますが、せいぜい備蓄米のほうが少しぱさぱさした感じがある程度で、食感や味に大差はないというのがほとんどの方の印象でしょう。これは政府としても備蓄米を適切に保存しているためであり、品質が大きく下がると言うことはないのが理由のようです。それほど味が変わらないのでしたら、お米の値段に注目して備蓄米を選ぶのも良いかもしれませんね。

お米の値段が上がるのはなぜ?まとめ

いかがだったでしょうか。お米の値段が上がっている状態について、どうすれば安くて安全なお米が買えるかという点でお米の値段を例に取りながら説明をしました。お米の値段だけ見ると安い備蓄米について、その味や品質なども併せてお話ししました。お米の値段が上がってしまっているのに驚かれていて、備蓄米でも構わないと思われるなら、備蓄米も十分に美味しく頂けるのでお勧めできます。お米の値段について調べている方の参考になれば幸いです。

 - 食事・食品 , , ,