気になる言葉.com

街で気になる言葉を集めた情報サイトです。

メタンハイドレート(燃える氷)の問題点

   

metanhidrate

メタンハイドレートをご存じでしょうか?メタンハイドレートとは別名「燃える氷」とも言われる、メタンガスと水が混ぜ合わさって固形となったもののことを言います。なぜ、メタンガスと水が混ざったものが固形化しているかというと、地下の低温高圧下でメタンハイドレートとして固形化しているからです。

昨今、このメタンハイドレートが注目されているのは、このメタンハイドレートを液体化することで、液化天然ガスの代替エネルギーとして利用されることが期待されているからです。また、このメタンハイドレートは日本海近海に多く埋蔵されているため、日本が一気に資源立国となることも期待されているためです。しかし問題もあります。その問題を含めて、そんなメタンハイドレートについて、メリットと問題点をまとめました。

メタンハイドレート(燃える氷)とは?

このメタンハイドレートとは何でしょうか?メタンハイドレートは別名を、燃える氷とも呼ばれる、メタンガスと水とが混ざって固形化したもののことです。燃える氷という名前は、シャーベット状という形状でありながら、固形のまま燃焼するため、燃える氷という表現がされます、ではどうしてメタンガスと水とが混ざって固体となっているかというと。

このメタンハイドレートは地下に埋蔵されている状態であり、地下の高圧下と低温状態により、メタンガスと水が混合してメタンハイドレートとして固形化しているためです。昨今、このメタンハイドレートを液体化することで、液化天然ガスの代替エネルギーとして利用されることが期待されています。つまり、現在の原油高の問題点にとっても、問題点の解消に役立つのではと期待されているのですね。

スポンサーリンク


このメタンハイドレートですが、海底に広範囲にわたって層をなして存在していることが最近の研究で確認されています。また、日本の近海でも、西日本の太平洋側をはじめとして広く分布されているということが推測されています。つまり、このメタンハイドレートの利用が現実に実用化できたなら、本来なら資源に乏しい日本が、資源大国となることも夢ではないのです。

実用化に問題点が残るとはいえ、今後のエネルギー資源として注目されているのもうなずけるでしょう。技術的な問題点をクリアーして、実用化されることを待ち望む関係者も多いです。

メタンハイドレートの実用化は、原油価格が1バレル40-50ドルのレベルでも十分に採算が取れるということです。今でこそ落ちついていますが、原油価格の高騰が世界的な問題点となる昨今、原油に代わる代替エネルギーとしても期待されています。しかし、問題点はまだ残っています。

メタンハイドレート(燃える氷)の問題点?

メタンハイドレートには技術的な問題点に不安が残ります。メタンハイドレートはメタンガスと水で構成されるのですが、本来メタンガスというのは二酸化炭素と同様、温暖化ガスです。温暖化ガスであるメタンガスが、仮に気体のまま空気中に散布されてしまった場合、地球温暖化に影響が出てくるのです。

二酸化炭素と違い、メタンガスは空気中でも12年程度で分解されるため、温暖化への影響は少ないとされていますが、温暖化ガスを少なくしようとする昨今、この問題が問題点となることもあります。技術的な問題点として、海底中に存在するメタンハイドレートを、空気中にメタンガスを放出することなく摘出できるか、技術的な問題点があります。そのために現在、日本の大手企業が中心になって、このメタンハイドレートの実用化に向けて力を入れています。

メタンハイドレート(燃える氷)の問題点、まとめ

いかがだったでしょうか?以上、簡単ではありますがメタンハイドレート(燃える氷)について問題点と期待される点をまとめてみました。このメタンハイドレートはに寄せられる期待としては、日本独自の技術もさることながら、新エネルギーとしての利用など、多くの期待がされています。しかしその一方で、温暖化ガスが増える危険性など、技術的な問題点も指摘されており。メタンハイドレートに注目をされていながらも、多くの問題点が残っています。メタンハイドレートについて、メリットと問題点をまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

 - 時事用語 ,