六曜から新宿・渋谷の待ち合わせ場所まで。街で気になる言葉を紹介します。

小麦粉高騰で家計簿を見直すコツ

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法
 

小麦粉高騰で家計簿は?

小麦粉高騰に限らず言えることですが、食品やガソリンなどの値上げが相次いでおり、家計は益々厳しくなる一方ですね。小麦粉を主原料としているパンやうどんやパスタなどの麺類も、小麦粉高騰の影響を受けて大きく値上がりしています。小麦粉高騰の問題は、なぜ起きてしまったのでしょうか?これらの問題について、調べてみたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

小麦粉高騰で家計簿を見直すコツ

小麦粉高騰によって製粉会社、製麺会社などは厳しい状況となりましたし、家庭においてもパンや麺類の値上がりの影響を受けて家計は苦しい状況となっていますね。 この小麦粉高騰になった原因には、どのような問題があるのでしょうか?

小麦粉高騰の理由は、2006年、2007年と続いた干ばつ、冷害、洪水などによって小麦が不作となったことなどが影響していると言われています。 小麦粉高騰の理由には他にも、バイオエタノールの需要性が高まったことによって、バイオ燃料の原料となるとうもろこしの生産が増加しましたが、小麦の生産量が減少することとなったため小麦高騰という事態が起こりました。 他にも原油高や、輸送コストが高くなったのも小麦粉高騰に影響していると言われています。

小麦粉高騰の原因には、上記のような問題が影響しているのですが、これらの問題によって小麦粉の国際相場も高騰していますし、中国やインドなどで食事が欧米化となったため、小麦粉の需要が増えているのも、小麦粉高騰に影響しているのでしょうね。

2007年4月より、政府の定めた小麦粉の売渡価格が上がったのですが、以前は年間通して固定されていた売渡価格が、仕入れ価格によって受渡価格が変動するような形に変わったそうです。 このように政府の売渡価格が上がってしまったために、2007年~2008年にかけて小麦粉高騰が起こり、小麦粉を使ったパンやうどん、パスタなどが値上げという事態になってしまいました。

日本では小麦粉の約90%を輸入に頼っていると言われています。 海外からの輸入に頼らず、国内の小麦の生産量を増やすことができれば良いのでしょうが、2007年より国からの補助金が一定規模以上の認定農業者に支払われるようになってしまったため、小規模農家の作付けも減少しているのが現状のようです。

食の安全性や安定を守るためや、小麦粉高騰の対策として、国内生産率を上げることができれば良いのでしょうが、国内で小麦を生産するにはコストが高くなってしまうのも大きな問題ですね。小麦粉高騰によって米粉が注目を集め、米粉を使って作ったパンなどが見られるようになり、モチモチして美味しいなどという話も聞きますが、この小麦粉高騰は何とかならないものでしょうか・・・。

小麦粉高騰で家計簿を見直すコツまとめ

小麦粉高騰について調べたことをまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか? 我が家では朝はパンを食べることが多いのですが、小麦粉高騰によってパンが値上がりしてしまい家計はとても苦しく、安いパンを買って我慢することも増えました。 これを期に欧米化した食事を見直すべきという意見もありますが、忙しい朝にパンは簡単に済ませることができるのでとても助かるんですよね。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

-生活
-, ,