気になる言葉.com

街で気になる言葉を集めた情報サイトです。

気管支炎を防ぐ自宅でできる方法

   

気管支炎を防ぐ自宅でできる方法

気管支炎(きかんしえん)は、急性気管支炎、慢性気管支炎と大きく分けてふたつに分類されています。気管支炎と似てはいながら気管支炎でも喘息でもない喘息性気管支炎もありますが、気管支炎とはどのようなものなのか、気管支炎の治療法などについて簡単ではありますがまとめてみましたので、よければ参考になさってください。

スポンサーリンク


気管支炎を防ぐ自宅でできる方法

気管支炎(きかんしえん)というのは、気管支の炎症を示すもので、急性気管支炎と慢性気管支炎に区分されている器官器疾患のひとつです。

【急性気管支炎】
急性気管支炎とは、ウイルス、細菌、気体刺激物などによって起こる気管支炎で、まず風邪の症状がみられます。発熱や全身の倦怠感が見られることもあるようですが、稀に肺炎、肺結核、気管支ガンなどが原因となっていることもあります。急性気管支炎は、カタル性気管支炎、潰瘍性気管支炎、腐敗性気管支炎、偽膜様気管支炎など、症状によって分類されています。

【慢性気管支炎】
慢性気管支炎は男性に多い傾向があり、咳や痰が2年以上続けて、毎年3ヶ月以上続くものです。慢性気管支炎を放置していると肺性心へ進行してしまうこともあるため、十分に注意が必要です。慢性気管支炎は呼吸器系素因やアレルギー素因、喫煙、大気汚染などにより起こり、治療では抗生物質、気管支拡張剤、副腎皮質ステロイド剤などが使われます。

【喘息性気管支炎】
風邪をひいた後に、咳だけがいつまでも治らないということもありますが、これは気管支炎や喘息とは別のものと考えられ、咳がひどくて眠れないような場合は、病院で薬を処方してもらうことになります。元気に過ごせているのであれば、いつも通りの生活を送って問題はありません。夜中に咳が多くなることが多いので、上半身を高くするように布団の下に何か入れてあげると、咳が少し和らぎます。喘息性気管支炎は、成長するにつれ改善されることもありますが、気管支喘息が身内にいる場合などは、改善されずに喘息となることもあるようです。

風邪をひいて咳以外の症状が治まっても、咳だけが長引いているような場合、急性気管支炎が疑われることがあるのですが、風邪と気管支炎では細菌やウイルスのつく場所が違うだけで、必ずしも気管支炎の症状の方が悪いということでもないようです。

気管支炎の治療では、気管支を拡げるシール(ホクナリンテープ)が処方されています。ホクナリンテープは背中か胸に貼るだけなので、薬を飲むのを嫌がる子供にとっては、とてもいい治療法と言えるのではないでしょうか。気管支炎の治療で他には、痰を出しやすくしてくれる去痰剤などが一緒に処方され、医師の指示のもと気管支炎の治療を進めていくことになります。

気管支炎を防ぐ自宅でできる方法まとめ

気管支炎、急性気管支炎、慢性気管支炎、喘息性気管支炎、気管支炎の治療方法などについてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?気管支炎の治療は、長引くこともあり医師の指示に従いしっかり治療を進めることが重要で、喘息性気管支炎の場合も喘息に進行させないために、医師の指示に従い治療を行うようにしましょう。

 - 生活 , , ,