六曜から新宿・渋谷の待ち合わせ場所まで。街で気になる言葉を紹介します。

自宅介護の負担を軽くするには?

2018/07/05

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

kurumaisu

高齢化社会が進む昨今、自宅で介護をする家庭が増えています。有料老人ホームもあるなか、やはり自宅介護を望まれる高齢者も多く、自宅介護やヘルパーなどの介護形態が増えています。しかし、最近では介護をする側も高齢者だったり、高齢者同士での自宅介護という状態も少なくありません。金銭的な理由でだったり、自宅介護にこだわりを持つ人も多い中、自宅介護をする家族側に負担が集中しない様、介護保険を利用するなど、自宅介護をする上で色々な対策が必要です。そんな自宅介護を高齢者にも、そしてご家族にも自宅介護の負担を軽くする工夫について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

自宅介護の負担は同居家族にしわ寄せ

高齢のご家族が介護が必要になった場合、考えられるのは自宅介護か施設に預けるという方法になります。しかし、要介護者自身の希望だったり、ご家族の希望や、金銭的理由から自宅介護をする必要がある場合があります。たとえば祖母の方が、自分ひとりでは生活ができなくなった場合、お子さんのお宅に同居する形になることが多いでしょう。

そういった場合、要介護者ご自身は体の自由がきかないなど、お子さんに介護の負担が出てきます。自宅介護の場合は、常設のヘルパーさんがいるでもない限り、主な介護をご家族がしなければなりません。そのため、それこそ24時間体制での自宅での介護となります。そういった場合のご家族の負担と言えば想像以上のものでしょう。

同居家族に自宅介護の負担の全てが(特に専業主婦などのお嫁さんなど)にのしかかってくるのです。ヘルパーさんを入れてもらったり、介護施設に入れることも考えられますが、金銭的な問題や受け入れ先の事情からそれもすぐに対応できないかも知れません。そういったとき、自宅介護の負担に悩むご家族はどうすればいいのでしょうか?

自宅介護の負担を軽くするには?

こういった自宅介護の負担を軽減するためにはまず、お住いの地域にある、地域包括支援センターや、市役所などの行政のサービスがないかどうかをまず、相談するのが賢明でしょう。もちろん、民間の介護事業者でも自宅介護などの同様の相談ができますが、行政の方が結果的にご家族の金銭的な負担も減る場合が多いようです。

ですので、まずはご自宅の近辺にある、地域包括支援センターや市役所などの介護保険課などで相談されることが一番です。そういった場で相談をしてもらえれば、経済的な事情やご家庭の状況を含めて、介護全般にわたり相談員の方に対応をしてもらえます。もちろん公的機関ですので、自宅介護についての相談の費用負担も必要ありません。

その結果として介護認定の申請が出来る様になったり、要介護認定区分の変更により、介護保険の支給額も変わってくるケースがあります。自宅介護をする上での介護上の制度を利用しやすくなることが考えられます。

自宅介護の負担を軽くするには?まとめ

以上、簡単ではありますが、自宅介護の負担を減らすための工夫をご紹介しました。ご家族の自宅介護の負担を軽減させるためにも、高齢者向けのディサービスやショートスティなどのサービスを利用することが自宅介護の負担を減らす第一歩です。施設に預けることは抵抗があっても、そういった一時的に預ける形なら、自宅介護の延長として利用できると思います。上手に介護保険制度を使って、ご家族の自宅介護の負担を減らせるといいですね。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

-生活
-, ,