気になる言葉.com

街で気になる言葉を集めた情報サイトです。

バティックって何?

   

batik

バティックってご存じですか?バティックとは、インドネシアで作られる、ろうけつ染めのことをさして言います。最近ではアジア系の雑貨屋さんや、エステなどで見かけることが多くなってきました。このバティックの製造方法や、バティックの歴史について簡単にまとめましたので説明したいと思います。バティックについて調べられている人の助けになれば幸いです。どうぞ参考にして下さい。

スポンサーリンク


バティックはインドネシアの染め物

バティックとはインドネシア製のろうけつ染め製品のことを言います。バティックは木綿または絹の生地を使って、様々な絵柄を描くインドネシアの伝統的な染め物です。バティックの作られ方はろうけつ染めという言葉の通り、染色しないところをまずロウで絵柄に沿って伏せておき、図柄や色分けを作り出すことができます。このバティックは別名ジャワ更紗ともいいます。最近ではアジア雑貨店でも簡単に手に入るようになってきました。

バティックの歴史

バティックの歴史は比較的新しく、18世紀頃から作られるようになったと言われています。バティックが作られ出した最初の頃は、一部の貴族階級のみ着用を許されるものとされていました。今では様々な種類のデザインができあがっているこのバティックですが、元々はそれほどの高級品だったのですね。

日本の高級な着物のも同様の使われ方ともいえます。その後、時代と共に一般にも普及していき、現代では一般的な文化としてバティックは根付いています。時代の経過と共に、宗教や文化、地域的な影響を受けて、様々な種類の模様のバリエーションが生まれていきました。そういう意味では日本の伝統工芸とも通じる物がありますね。現在では古典様式、中部ジャワ様式、ジャワ北岸様式などが代表的なデザイン様式として分類されています。

バティックを自分で作れる?

そんなインドネシアの伝統的な染め物であるバティックですが、最近では自分で作ることを体験できるスペースもあります。バティックを扱う雑貨屋さんなどが開く体験講習会ですが、そこで実際にろうけつ染めを体験することができるのです。最初はハンカチなどに簡単な絵柄をろう描きして、その場で藍染めすることで自分オリジナルのバティックを作ることができるのです。バティックを自分で作ってみたいけれど、ろうけつ染めは難しそう…という方には、こういった体験講習会はうってつけですね。

バティックって何?まとめ

いかがだったでしょうか。バティックについて、簡単ではありますがまとめてみました。バティックとはインドネシアの伝統的なろうけつ染めの染め物と言うことがおわかり頂けたと思います。その歴史も意外と新しい物であり、元々は貴族階級から広まったこのバティック、今ではインドネシアやその周辺に様々な形で広がっているものということです。日本でも手に入るようになったこのバティックを、自分で作りたい人には体験講習会を開いている場所もありますし、実際に自分オリジナルのバティックを作ってみるのも楽しいですね。どうぞご参考になれば幸いです。

 - 生活